桶谷 史のセラピストコラム

« 2011年06月 | メイン

2011年10月 月別アーカイブ

2011年10月26日

空想時間

ここ最近、立て続けに色々な方から本をいただく機会に恵まれました。
2週間の間に8冊。
そしてなぜかそれら本の内容が、仏教の教えだったり、聖者の智慧だったり、前世のお話だったり。。。
まだすべて読めていませんが、どれも私に何か導きを与えてくれそうな本ばかりです。


つい先週も、チベットの高僧でもあり、ビジネスでも成功を収めたアメリカ人のゲシェ・マイケル・ローチさんの講演会が義姉のヨガスタジオであり、お話し聴く機会がありました。

最後に少しだけご挨拶をさせていただいたときに、こんなメッセージをいただきました。

それは
「眠る前に、素敵なことをいっぱいイメージして寝なさい」
というメッセージ。

これを聞いて、ハッとしました。

子供の頃って、眠る前にたくさん楽しいことやワクワクすること、
憧れの夢などをめいっぱい空想(妄想?)しながら寝ていませんでしたか?

私は、この眠る前の空想時間が大好きで、「早く寝る時間にならないかな~、今日は何を空想しようかな~♪」と
この時間を待ち遠しく思っていました。

それは、子供のころから大人になってもず~~っと変わらずに続いていた習慣だったのですが、
ここ最近、大好きだったはずの空想時間が失われていたことに気が付きました。


もともと寝つきが早いというのもあるのですが、眠る前につい現実的な、
明日は○○しなくちゃとか、△△ちゃんはどうしているかな?とか、
今日の出来事を反省したりだとか・・・。
そんなことを思っているうちに、あっという間に眠りの深い森に入っているこの頃なのでした。


今思い起こすと、この眠る前の「空想時間」にイメージしたことって、現実になっているケースって
とっても多いんですよね。
それもそのはず。寝入りばなは、最も潜在意識にアクセスしやすい時間なのです。
だから、眠る前に楽しいこと、ワクワクすることを一杯イメージして眠ると、そのイメージの種が
潜在意識に植えられて、いずれ芽が出て現実化していく・・・そう言われています。


子供のころから何かと引きが強かったのは、この空想時間のおかげだったんだなあ、と
今改めて納得。
それなのに、この大事な空想時間を忘れていたなんて!
思い出させてくれたゲシェ・マイケルさん、ありがとうございます!!


皆さんは、眠る前にたくさんのワクワクをイメージして眠っていますか?
きっと子供のころはみんなやっていたはず。
秋の夜長、たくさんのワクワクの芽を眠りの森に植えて眠りにつきましょう。

About

2011年10月
「セラピストコラム」で更新されたすべてのエントリー

Back:
2011年06月

Other:
セラピストコラムトップ
全コラム・アーカイブページ