桶谷 史のセラピストコラム

« 2008年06月 | メイン | 2008年09月 »

2008年07月 月別アーカイブ

2008年07月01日

言葉を磨くことは、心を磨くこと。

今からもう10年ほど前に出会った、ある人。
その人からさまざまな考え方の影響を受け、気付きをいただいていた期間があります。

今ではすっかり有名人になられたその人とは今ではお会いすることはないのですが、でもその人から気づかせていただいたさまざまなエッセンスがしっかりと私の中にあります。


「自分の言葉に責任を、他人の言葉を自由に」というのも、そのエッセンスの一つです。

言葉とは言霊とも言われる計り知れない力を持つエネルギー、その言葉で人を喜ばせたり愛を伝えることもできるけれども、時として言葉によって深く傷ついたり、惑わされたりしてしまう。
でも、その一つ一つの言葉に傷ついていたら、その傷を癒すだけで自分の人生は終わってしまう。。。

他人の言葉を自由に。
そして、自分から発せられる言葉(エネルギー)に責任を持つこと。

愛のある、美しい言葉を使うこと、それを心がけるだけで、人間関係は素敵なものに変わるのではないのかな。

美しい言葉
こちらは先月、白浜神社を訪れた際のメッセージボード。「言葉を大切にし、美しい言葉を使っていますか」

言葉を磨くことは、心を磨くこと。
言葉と心に磨きをかけるための「俳句講座」詳細・お申し込みはこちらまで

2008年07月22日

可愛いと、綺麗と言われたいから~お客様の声~

10回のデトックスコースを終了して、キレイにお痩せになられたクライアント様からのお手紙をご紹介いたします。

約半世紀、息子からの49回目の誕生日プレゼントが桶谷 史さんとの出会いの始まりでした。
遠赤外線ドームとホットストーンのデトックスコースは、身体の芯から温まって本当に心地よいひとときに誘ってくれました。
一日限りのシロガネーゼエステの予定が、痩せたい願望に加え、
躰の痛みを和らげてくれる副産物の気持ち良さに魅せれれて10回通わせていただきました。

白金の高台にゆるやかに時間が流れて、揺れるカーテン越しに溢れる陽光が差し込む春の日の午後。
史さんは、その美しさの秘訣をたんたんと事もなげに
「努力しております。」と・・・
そのおっしゃり様が、あまりにもさり気なくて
素敵って、こんなことだったのねと。

ハーヴディーをいただきながら、百合の花のように座して他愛もない会話の中から
私の良さを見つけ出して褒めてくださりもして
史さんの醸し出す波長が、静かに優しく私を包みこんでくれて
私もかくありたいと導いてくださった。

何故、痩せたいかって?
可愛い!と
綺麗!と言われたいから
それは、たぶん もう一度ときめきたいから
俯いた顔をあげて、四季の彩りを感じながら歩を進めたいから
ただそれだけのことだけど
ただそれだけんことだから
大事なことなのかもしれない。

桜の花弁が舞い散り、街角が花ミズキに溢れ
アカシアの白い花房を拾い集め
匂番茉莉の香りにホット息をつき
気がつけば、梅雨空に紫陽花が映える季節に
ちょっと頑張った私に神様がご褒美をくださいました。

素顔に自身が持てるようになり、女優歩きも板についてきて
うふっふ、痩せました。
うふっふ、綺麗になりました。
うふっふ、かなり若く見られます。

史さん、ありがとう。
本当にありがとう。

綺麗だけじゃなく、知性があって、可愛くて
愛すべきチョットドジな面も垣間見せてくれて
笑顔がキュートな貴女に会いに出かけた三か月。
また、お会いできるのを楽しみに。

2008年07月30日

夏休みのお知らせ。

暑中お見舞い申し上げます。

夏らしい毎日が続いていますが、今年の夏は皆さんいかがお過ごしでしょうか。


サロンの夏休みのお知らせです。

8月3日~7日まで、8月14日~20日まで夏休みをいただきます。

ゆったりのんびり過ごして、良いエネルギーを一杯補給する夏休みにします。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

About

2008年07月
「セラピストコラム」で更新されたすべてのエントリー

Back:
2008年06月

Next:
2008年09月

Other:
セラピストコラムトップ
全コラム・アーカイブページ