桶谷 史のセラピストコラム

« 「子供のココロ」に聴いてみる。 | メイン | 2010年5月15,16日 デザインフェスタ出展します! »

魅力的である、という尊い奉仕

「この世界に魅力的である以上に尊い働きはない。
  
  周囲に喜びを放ち、暗黒の日々に光を投げかける。 
 
  これこそ他者への奉仕ではないだろうか。」  

                      ビクトル・ユーゴー

大好きな言葉です。


そして、いつも思います。


魅力的な女性になりたい、でもそれ以上に、


一人の人間として、もっと魅力的になりたい。


テクニック的に魅力を作っていくこともできるけれど、、


自ずと湧き出る魅力が断然、美しい。


いずれにしても、魅力は、磨いて磨いて得られるもの。


美は一日にしてならず、魅力も一日にしてならず。


だったら、毎日毎瞬、何をする?


私が今、心がけていること、それはシンプルだけど、

いつも、笑顔でいること。


表情はもちろん、心の中も笑顔でいること。


だって私は、毎日笑顔で過ごせることが、とっても幸せって感じるから。
そんな自分を、「大好き!」って思えるから。


魅力は一日にしてならず。


今日もせっせと磨きましょう。

日々の閃き呟き・・・ツイッターはこちらから


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cosmic-clear.jp/mt/mt-tb.cgi/33